富士山測候所を活用する会
FAQ | お問い合わせ | English | ブログ
TOP
Home > ご支援ください > 共同研究・助成団体等について

共同研究・助成団体等について

supporter
NPO法人富士山測候所を活用する会は、下記の方々、団体よりご支援、共同研究・委託研究等をいただいています。
支援活動
企業・団体名 備 考
株式会社電通


富士山測候所を活用する会支援活動
測候所での調査・研究が実りある成果をあげられるよう、電通の持つ“コミュニケーション”のノウハウを活用し、地球環境の観測拠点となる測候所の活動をサポートしていただいています。
2007年7月国際シンポジウム世界エコ・サイエンスネットワーク会議を株式会社電通 とNPO法人富士山測候所を活用する会の主催で開催。
石油資源開発株式会社


共同研究・委託研究・助成
企業・団体名 備 考
独立行政法人
海洋研究開発機構(JAMSTEC)


2010年度
富士山頂を利用した越境大気汚染の観測システム構築と観測に係る共同研究
2009年度
富士山頂を利用した越境大気汚染の観測システム構築と観測に係る共同研究
2008年度
富士山頂を利用した越境大気汚染の観測システム構築と観測に係る共同研究
2007年度
富士山頂を利用した越境大気汚染の観測システム構築と観測に係る共同研究
2006年度
富士山頂を利用した越境大気汚染の観測システム構築と観測に係る共同研究
独立行政法人
国立環境研究所 (NIES)


2020年度
富士山における二酸化炭素等観測支援業務
2019年度
富士山における二酸化炭素等観測支援業務
2018年度
富士山における二酸化炭素等観測支援業務

2017年度
富士山における二酸化炭素等観測支援業務

2016年度
富士山における二酸化炭素等観測支援業務
2015年度
富士山における二酸化炭素等観測支援業務
2014年度
富士山における二酸化炭素等観測支援業務
2013年度
富士山における二酸化炭素等観測支援業務

2012年度
富士山における二酸化炭素等観測支援業務
2011年度
富士山における二酸化炭素等観測支援業務
2010年度
富士山における二酸化炭素等観測支援業務
2009年度
富士山における二酸化炭素等観測支援業務
2008年度
富士山における二酸化炭素等観測支援業務
2007年度
富士山における環境調査および試験業務
一般財団法人
新技術振興渡辺記念会


2019年度 調査研究委託
富士山噴火予知のためのSO2およびH2Sの通年観測システム構築と登山道の濃度マップの作成
2018年度 調査研究委託
通年観測の実用化と登山者への火山噴火警告のための情報提供をめざしたシステムに関する研究
2017年度 調査研究委託
富士山噴火予知のためのSO2通年観測システム構築に関する調査研究
2015年度 科学技術調査研究助成
富士山山頂での携帯電話・インターネット通信機器の設置手法と利用動向の調査研究
2012年度 科学技術調査研究助成
富士山体を利用した福島原発起源の放射線核種の輸送に関する調査研究
2011年度 調査研究委託
富士山頂における東アジア越境オキシダント監視システム構築に関する研究 ―通年観測への里程と国際ネットワークの増強―
2010年度 調査研究委託
富士山頂における東アジア越境オキシダント監視システム構築に関する研究 ―インフラ構築と国際観測ネットワーク構築の具体化の検討―
2009年度 調査研究委託
富士山頂における東アジア越境オキシダント監視システム構築に関する研究 ―インフラ構築と国際観測ネットワーク構築の可能性の検討―
2008年度 調査研究委託
富士山頂における東アジア越境オキシダント監視システム構築に関する研究
2006年度-2007年度 助成事業
富士山山頂を利用した東アジア越境汚染監視システム構築に関する調査研究
大成建設株式会社


2018年度 公益信託 大成建設自然・歴史環境基金
旧富士山測候所の研究・教育拠点としての機能を維持する活動

2016年度 公益信託 大成建設自然・歴史環境基金
世界文化遺産富士山における山頂・剣が峰および旧富士山測候所の保全

2005年度 大成建設自然・歴史環境基金
富士山測候所を活かした国際極地高所科学研究ネットワークの構築
三井物産株式会社


2013年度 三井物産環境基金活動助成(3年間)
地球大気環境保全に向けた富士山測候所の戦略的活用計画'その2
"世界に開かれた日本一ハイレベルな研究・教育拠点"としての富士山測候所の再生

2010年度 三井物産環境基金活動助成(3年間)
地球大気環境保全に向けた富士山測候所の戦略的活用計画:
『東アジア高所大気化学観測拠点』としての富士山測候所の再生



郵便事業株式会社

2020年度 日本郵便 年賀寄附金配分事業
日本の自然環境・生活環境を保全するための富士山頂における越境大気汚染物質の観測事業
2018年度 日本郵便 年賀寄附金配分事業
地球環境観測拠点としての富士山測候所の自立電源による越冬稼働のための事業

2016年度 日本郵便 年賀寄附金配分事業
地球環境観測拠点としての富士山測候所の労力提供型整備事業

2014年度 日本郵便 年賀寄附金配分事業
日本の自然環境・生活環境を保全するための富士山頂を利用した越境酸性雨観測事業

2012年度 日本郵便 年賀寄附金配分事業
日本の自然環境保全のための富士山頂を利用した越境酸性雨観測事業:観測の高度化と精密化を目指して

2011年度 日本郵便 カーボンオフセット年賀寄附金助成事業
富士山測候所を温室効果ガス通年観測施設とするためのクリーンエネルギーインフラ構築事業
2010年度 日本郵便 カーボンオフセット年賀寄附金助成事業
富士山測候所を温室効果ガス通年観測施設とするためのクリーンエネルギーインフラ構築事業
2009年度 日本郵便 年賀寄附金配分事業
日本の自然環境保全のための富士山頂を利用した越境酸性雨観測事業
独立行政法人環境再生保全機構
地球環境基金


2015年度 地球環境基金助成
富士山頂における環境保全活動および大気環境観測研究を通した次世代人材育成プログラム
日立財団


2015年度 環境NPO助成
富士山頂を利用した越境大気汚染に起因する降水の酸性化機構の解明

2013年度 第12回 環境NPO助成
自由対流圏を運ばれるエアロゾル金属成分の富士山頂における動態観測と国際ネットワーク解析
粟井英朗環境財団


2017年度 公募助成事業
富士山麓の森林環境におよぼす越境輸送微粒子の現状把握

2016年度 公募助成事業(奨励金)
2015年度 公募助成事業(奨励金)
2014年度 公募助成事業
富士山麓の森林大気環境に及ぼす越境大気汚染の影響の調査

2013年度 公募助成事業
山麓の大気環境が森林生態系に及ぼす影響の調査

モバイル・コミュニケーション・ファンド


2015年度 ドコモ市民活動団体への助成(環境分野)
富士山頂から地球環境問題を学んでもらうプロジェクト
トヨタ環境活動助成プログラム


2015年度 国内助成プロジェクト
富士山測候所の被雷対策による温室効果ガス常時監視の実現
東京ガス環境おうえん基金


2017年度 東京ガス環境おうえん基金助成事業
山頂から環境データリアルタイム配信と環境に関するレクチャー
WNI気象文化創造センター「気象文化大賞」助成


2020年度 Asia-Pacific region project furtherance
Comparative Research of the Effect of Air pollution on the Formation of Heavy Rainfall in the Tropical and Temperate Regions under Global Warming: for the development of human resources for the observation of meteorology and air quality in Cambodia

2020年度 雷から発生する窒素酸化物の通年地上観測
2019年度 第9回「気象文化大賞」
火山噴火に備えた富士山での大気観測

2018年度 WNI気象文化創造センター「気象文化大賞」助成助成事業
富士山頂から地球環境問題の最先端を発信する

物品寄贈
企業・団体名 備 考
認定NPO法人イーパーツ


リユースPC寄贈
2011年 8月 PC2台
2013年11月 PC2台 *第71回リユースPC寄贈プログラム

※「リユースPC寄贈プログラム」とは、企業からのリユースPCを非営利団体・ボランティア団体・高齢者グループなどの市民活動団体 やNPOへと無償で寄贈し、その情報化を支援するプログラムです。リユースPC は、公募をもとに、一定のガイドラインを満たす団体に寄贈されます。
損保ジャパンちきゅうくらぶ


2011年2月 パルスオキシメーター3個納品

※当グループ社員がメンバーとなるボランティア組織「SOMPOちきゅう倶楽部」を中心に、全国各地でボランティア活動を継続して行なっています。
森林保全活動や清掃活動、施設を訪問して行う車いすの整備・清掃、古本の収集など、地域のニーズや特性にあったボランティア活動を全国で実施しています。
プライバシーポリシー | お問い合わせ | ご支援ください
Copyright © NPO Valid Utilization of Mt. Fuji Weather Station All rights reserved.