富士山測候所を活用する会
FAQ | お問い合わせ | English | ブログ
TOP
Home > 成果報告会

成果報告会

Debriefing session
第15回成果報告会について
第15回成果報告会は下記日程にて開催いたしました。
 2022年3月5日(土)13:00 ~ 17:30
 Zoomを利用したオンラインの口頭発表
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
第15回成果報告会 プログラム
実行委員長: 南齋 勉(静岡理工科大学)
副実行委員長: 村田 浩太郎(埼玉県環境科学国際センター)
主催: 認定NPO法人富士山測候所を活用する会
共催: 静岡県
後援: 日本たばこ産業株式会社
一般財団法人 WNI気象文化創造センター
公益信託 大成建設自然・歴史環境基金
一般財団法人新技術振興渡辺記念会
⠿ オーラルセッション
No. タイトル 研究メンバー
⠿ 第一部「大気を診る」(座長:南齋勉)
O-01 富士山麓太郎坊でのCO, O3, SO2の通年観測
矢田茂久(東京都立大学)
O-02 富士山頂の大気中CO2濃度
野村渉平(国立環境研究所)
O-03 2021年富士山頂と富士山太郎坊における窒素酸化物の計測
和田龍一(帝京科学大学)
O-04 大陸から富士山頂に運ばれたPM1の化学成分の特徴
米持真一(埼玉県環境科学国際センター)
O-05 富士山頂で空飛ぶマイクロプラスチックをつかまえる
大河内博(早稲田大学)
⠿ 富士山測候所取材余話(座長:村田浩太郎)
特別講演 関係者に伺う取材の経緯やその後の反響など、ここだけの話
後藤弘之氏(RKB毎日放送);小野澤玲奈氏(静岡第一テレビ)
⠿ 第二部「雲や塵を掴む」(座長:加藤俊吾)
O-06 富士山で雲水化学を調べる:雲は大気環境を知るリトマス紙
王一澤(早稲田大学)
O-07 富士山で雲を直接サンプリング:一滴ごとの分析から何が見えるのか?
南齋勉(静岡理工科大学)
O-08 微粒子が気候を変える! - 富士山体を利用したエアロゾルの気候影響の研究 -
三浦和彦(東京理科大学)
O-09 雲や雨の種になる粒子を探す - 富士山頂での氷晶核観測2021
村田浩太郎(埼玉県環境科学国際センター)
⠿ 第三部「防災・すごい現象」(座長:和田龍一)
O-10 富士山周辺で豪雨は増えている?:豪雨災害と大気汚染の気になる関係 ~2021年8月には「大気の川」が富士山に大雨をもたらした~
大河内博(早稲田大学)
O-11 防災にむけた富士山での火山性ガスモニタリング
加藤俊吾(東京都立大学)
O-12 太郎坊における全磁力測定とそのデータ評価
長尾年恭(東海大学)
O-13 2021年8月18日、富士山頂で発生した上向き雷放電前の高エネルギー放射線に ついて
鴨川仁(静岡県立大学)
O-14 2021年8月30日、首都圏で発生したブルースターターと富士山からの観測
鈴木智幸(静岡県立大学))
O-15 富士山体を検出器にした2021年夏期の雷現象観測と今後の指針
安本勝(富士山環境研究センター)
講演予稿集
第15回成果報告会 講演予稿集
主催: 認定NPO法人富士山測候所を活用する会
後援: 静岡県
日本たばこ産業株式会社
一般財団法人 WNI気象文化創造センター
公益信託 大成建設自然・歴史環境基金
一般財団法人 新技術振興渡辺記念会
第15回成果報告会 講演予稿集(28MB)はこちらからダウンロードできます
講演予稿集 サイズ縮小版(14MB)はこちらから
第15回成果報告会 プログラムはこちらから
お問合わせ
お問合せは事務局までお願いします。
認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 東京事務所(事務局)
〒169-0072 東京都新宿区大久保2-5-5 中村ビル2階
TEL:03-6273-9723
E-mail:tyo-ofc@npofuji3776.org
(お断り) 気象庁での現在の施設名は「富士山特別地域気象観測所」ですが、ここでは「富士山測候所」を使用しています。
プライバシーポリシー | お問い合わせ | ご支援ください
© 2005 NPO Valid Utilization of Mt. Fuji Weather Station